どうも~Rです。


タイトルの通りですが、子宮内膜増殖症の治療でMPA療法6クール後




無事経過観察に入りました☆




副作用で今年に入ってから3月頭までず一っと出血が止まらず、止血剤飲んでも止まらず焦りましたが、それでも貧血にならない造血能力の高さw




6クール目終了後本来ならばまた全身麻酔で内膜掻爬のところ






外来で組織診と頸管内掻爬・・





麻酔なし・・




何か色々無理矢理チカラ技的な所もありましたが、病理の結果、




●体部は正常内膜に


●頸部はLEGH(-)、多発していた嚢胞が全て消える(!)



というびっくりなことになり、めでたく経過観察となりました。



当初嚢胞は、多発しすぎてて数が数えられない、広汎全摘した方がいいと言われていたけど、まさか無治療で全てなくなるとは・・


人体の不思議ですね・・



次回診察は5月。
前回経過観察に入って初めての検査で引っかかったので、今回も手放しでは喜べませんが、薬が抜けてきて体も軽くなってきたので、少し体力づくりしたいと思います。






でも


普通は異型内膜増殖症がMPA療法対象なんだけど、単純型異型なしの私が治療したのは何でなんだろ(^_^;)